英会話教室は慎重に選びましょう

英会話は、習うより慣れろという人がいます。けれども、日本にいる限り、日常で英会話を使う場面は殆ど無いと言っても過言ではないでしょう。
英会話を必要としない環境で、習うより慣れろは現実的ではありません。そこで、英会話教室に通うのが手っ取り早い方法と選択する人が多いのでしょう。今の日本には、ベビーから大人までを対象にした英会話教室が乱立しています。
「駅前留学」というキャっしコピーが流行したのは、そう遠い昔の事ではありません。短期でも留学となると高額な学費が必要で、また仕事を辞めてまでの留学にはリスクが伴います。そこで、国内の英会話教室に通うのを「留学」ともじり、さかんにテレビCMなどで流されました。
こういった教室は、進学塾と同様に、まとまったレッスン料を前払いする制度を取り入れています。しかし、学費の不明瞭な使われ方が問題になるケースがしばしば繰り返されています。ひどい事例では、講師への賃金支払いが滞り、レッスンが受けられなくなったとの報告もありますし、また、途中で辞めようにも払い戻される学費が不当に少ないとの声も聞かれます。ですから、教室選びは慎重にしたいものです。
語学を身につけるには、まずは母語できちんとした意見を述べられるようにすることです。母語で意見を言えない人が、他の国の言語で話せるようになるはずがありません。相手に意見を伝えようと熱意を持って、辞書をめくりながら単語を覚えていくという地道な努力が必要です。意識して単語を覚えていけば、中学校レベルの英文法で十分会話は成立するはずです。後は、とにかく口に出して使う事が大切です。