英語とは何か

英語とは何かと考えてみますと、実はイギリスの言葉なのではと今更ながら気が付くのでありました。
彼らにとっては自国の言葉なのですが、歴史的な事情もあり、アメリカ、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、シンガポールなどでも公用語として使われています。
また、国際共通語という意味合いも大きくなり、今や英語を使う人は莫大な数となっています。
私も英語学習をはじめた頃は、英語なんて所詮コミュニケーションの手段・・・などと考え、分かりやすいのが一番、ベーシックワードでやっていくなどと思っていましたが、前述のように英語はイギリス人が長年使っている大変深い言語なのであります。
決してシンプルではなく、複雑な言葉なのです。
その点を考えると、イギリス人が他国の人たちが使っている英語について、とやかく文句をいうのも、仕方がないかなあとも思います。
そんな中で、私たち日本人はどんな英語を話すべきかということになりますが、個人的には「ジャパニーズ・イングリッシュ」でいいかと思います。
たどたどしい日本語訛りの英語が、かえって新鮮に思います。
ただし、話す中身はきちんと持ちたいですね。
そして、礼儀正しい態度も持ち合わせていてほしいものです。